|       

 

優れた画質

 

ヴォルフビジョンの汎用機VZ-8シリーズは、近年、多くの大学、学校および企業の世界的な標準になりました。 最新の第4世代VZ-8シリーズはこの成功をベースに、筐体を上品なデザインに変更し、1080p HDカメラを搭載し、新しいYSOP1イメージプロセシング・エンジンを装備しています。
VZ-8plus4 は世界で初めて、1080p HD解像度で60フレーム/秒を実現し、以前の機種よりさらに動画が滑らかに、オートフォーカスが高速になりました。
WolfVision VZ-8 Visualizer
下記の図に詳述されるように、VZ-8シリーズには2つの異なる機種があります:

VZ-8light4 も別売の「フィーチュア・パック」(FP)を使用することで、いくつかの機能を追加できます。



 WolfVision VZ-8 camera head

ズーム ハンドルによる簡単操作

スムーズなプレゼンテーションにとって、ビジュアライザーが使いやすいことは非常に重要です。初めてのユーザーはカメラヘッド上のズーム ハンドル(もしくは、リモコン上のズーム キー)そ操作するだけで、他の操作(焦点、輝度調節など)はすべて自動的に調整されます。
ズーム ハンドルは、2つの異なる速度でズーム操作ができます。また、常時稼動の連続的なオートフォーカスはすべての被写体を素早く正確に認識します。そのため、 発表者はピントについての心配をする必要がありません。特殊な被写体については、マニュアル フォーカスも利用できます。





WolfVision VZ-8 Visualizer camera

照明の調整不要

照明システムはワーキングプレートに最適化されています。したがって、照明の調節を行う必要はまったくありません。
ビジュアライザーの照明はワーキングプレートだけを照らすので、暗い部屋でも、聴衆も発表者も眩しくありません。また、スクリーン上に余分な光が漏れて投影の邪魔になることもありません。
カメラアームは、90°の角度で上下に動かせます。照明はカメラアームの上に固定され、カメラと一緒に動くので、本体の正面、あるいは後方を照らすことも できます。離れた場所にある被写体を撮影する際はクローズアップ レンズを外しますが、これは本体に取り付けられているので紛失する心配はありません。






WolfVision VZ-8 camera head

幅広いズームレンジ

光学ズームの範囲が広いことはビジュアライザーにとって重要です。なぜなら、フル解像度で被写体を撮影できるのは光学ズームだけだからです。
ヴォルフビジョンの14倍光学ズームは、見開きの本から切手サイズまで、スクリーン一杯に表示できます。さらに小さな物を拡大するには、2倍のデジタルズームが使えます。





WolfVision live image preview monitor

ライブ プレビューモニター

VZ-8plus4 はLCDライブ プレビューモニターを内蔵しているので、被写体の位置決めが簡単です。






 WolfVision VZ-8 folding system

ユニークな折り畳みアーム

ビジュアライザーは数秒で使えます。アームのノブを持ち上げるだけで、アームと照明が作動位置にセットされます。同様に、ノブを引き下げるだけで、プレゼンテーションの最中、あるいは終了後に、コンパクトなサイズに折り畳めます。その高さはわずか137mmなので、引出しにもぴったりと収納できます。





WolfVision sRGB color precision

高解像度, sRGB色精度

VZ-8シリーズ ビジュアライザーは、sRGB色精度およびネイティブ1080p HD解像度を備えた CMOS 1080p フルHDカメラを搭載しています。
VZ-8light4はすべての解像度で30fps(フレーム/秒)で出力します。 VZ-8plus4は、世界ではじめて、すべてのワイドスクリーン解像度において60fpsを実現し、より滑らかな動きとより速いオートフォーカスでの撮影を可能にしました。
ヴォルフビジョンは高級なレンズだけを使用しているので、画像の隅を含むすべての部分が980ラインの解像度です。






外部コントロール

広範囲の接続オプションは、有効な外部コントロールが可能であることを保証します。LAN、USBおよび赤外線接続(VZ-8plus4のみ)は、室内制御システム、テレビ会議システムあるいはコンピューターのような外部装置から、ビジュアライザーをコントロールするのに使用できます。





WolfVision dry-erase working surfaces

ホワイトボードのように使えるワーキングプレート

接着剤付きのワーキングプレートは、ビジュアライザーの別売アクセサリーとして交換が可能です。固定したワーキングプレートに、ホワイトボード用マーカーペンで直接書き込み、白板消しで消すこともできます。これにより、ビジュアライザーをホワイトボードもしくはデジタル フリップ チャートのように使用できます。
ワーキングプレートの交換についての詳細はこちら






本体および外部画像メモリー/ USB ホストポート

VZ-8plus4 は9画像を内部メモリに記憶でき、赤外線リモコンの数値キーで即座に呼び出せます。 USBホスト ポートはUSBスティック メモリおよび他の「パッシブな」USB装置の接続に使用できます。USBスティックは、イメージメモリの拡張および、画像のアップロード/ダウンロードに 使用できます。 別売の「フィーチャー パック」追加でVZ-8light4でも利用可能





WolfVision BYOD

Feature Packs/vSolution Connect

The VZ-8light4 Visualizer can be upgraded to include some additional useful features using the optional Remote Feature Pack.






Newsletter

rauten-muster